今月の催し物

美しき匠 -絞り染文化の伝導者 小倉淳史の世界-

日時 2019年2月22日(金)・23日(土)
10時〜18時
 
場所 趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823
岡山市北区丸の内1-7-3
 
★小倉淳史先生来店22日23日

略歴
1946年 京都市に生まれる
1966年 父 小倉建亮の下で友禅、絞り、辻が花の修行をはじめる
1975年 第22回日本伝統工芸展初入選
1988年 NHKの依頼により徳川美術館所蔵の徳川家康の小袖二領復元
1989年 日本工芸会正会員に認定される
1998年 紺綬褒章受章
2005年 第39回日本伝統工芸染織展 日本工芸会会長賞
2018年 第65回日本伝統工芸展 文部科学大臣賞
現在  日本工芸会正会員

小倉淳史先生の作品には<過去><現在><未来>の時代に合わせた作品を制作しています

★辻が花とは…
「辻が花」とは、室町時代中期から江戸時代初期までの間に制作された絞り染の着物(小袖)の呼び名です。初めは麻の生地に簡単な模様を絞り、染めた単色の着物でした。
やがて色ごとに絞り、染めを繰り返す方法で、地の色と花や葉をそれぞれ別の色にする多色染め着物になり より複雑な模様へと進展します。
また麻以外に絹にも染めるようになり、絞って白く染め残った花や葉の花びら1枚ごと、葉脈1本ごと、虫の食み痕まで墨で細く描き、隈どりぼかしを加えて、おおらかな絞り染のなかに繊細な表現加わりました。

ちなみに現存する品として、「上杉謙信」「豊臣秀吉」「徳川家康」などの遺品があり、「武田信玄」は肖像画のなかに着姿を見ることができます。
女性では、織田信長の妹「お市」も肖像画のなかにその姿が見られます。
 
 
お問い合わせ 趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823
岡山市北区丸の内1-7-3
電話 (086)226-5298
FAX (086)226-5297
Freedial (0120)47-5298
 
ページの先頭へ
  • オンラインショッピング
  • 今月の催し物
  • 今月の品々
  • リサイクルきもの
  • きものレンタル
  • きもの蔵(きものお預かりシステム)
  • KIMONO倶楽部
  • きもの勉強会
  • 着物のお手入れ
  • 会社概要

趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823
岡山市北区丸の内1-7-3
電話 (086)226-5298
FAX (086)226-5297
Freedial (0120)47-5298
店舗営業時間:9:00〜18:00
(定休日:日曜・祝日)