今月の催し物

名物裂コレクション

日時 平成24年11月15日(木)・16日(金)・17日(土)
10:00〜18:00
 
場所 趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823 岡山市北区丸の内1-7-3
 
名物裂コレクションを開催いたします。

☆ごあいさつ
深秋の候、皆様におかれましては益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。
さてこの度、名物裂文様のお話をお楽しみ頂きたいと思い、名物裂研究家の岡本宏祐氏をお招きして「名物裂コレクション」を開催する運びとなりました。
長い歴史の中で多彩に展開してきた名物裂。「道元緞子」や「有栖川錦」などそれぞれの文様の名前には歴史的な背景があり、文様の名前や由来を知ることで名物裂をよりお楽しみ頂く事ができると思います。
なぜ「布」ではなく「裂」なのか?そういった疑問にもお答え致します。
是非ともお誘い合わせの上、ご来場下さいます様よろしくお願い申し上げます。

◆名物裂研究家 岡本宏祐氏 来場
・プロフィール
1941年 京都生まれ
学卒後、帯地の製造卸「葛ム」に入社
名物裂や正倉院裂の研究に携わる
退社後、名物裂の復元を含めた古代裂の文様歴史の講演活動を行い現在に至る

◆名物裂を語る会
名物裂や文様の話など普段聞くことのできないお話を詳しく楽しくお聞き頂けると思います。
☆講演時間
15日(木) @11:00〜 A14:00〜 B16:00〜
16日(金) @11:00〜 A14:00〜 B16:00〜
17日(土) @11:00〜 A14:00〜 B16:00〜
上記の時間に30分程度解説して頂きます。ご希望をお申込み下さい。

◆特別企画 「何でも鑑定団」
お手持ちのふくさや古布などを鑑定し、ご説明いたします。
布の種類、文様のいわれなど、何でもお尋ねください。

鎌倉時代から江戸時代にかけて中国から伝来した織物の中で、最高級の物を名物裂と呼んで珍重したのが始まりとされています。
これらの裂は宝物とされ大茶人千利休や小堀遠州の名前や、文様からの名前が一品づつにつけられ博物館や美術館に大切にされてきました。

◆作品
名物裂文様のきものと帯をご紹介
・袋帯 ・名古屋帯 ・色無地

◆この展示会は、きものポイントカード付です。ポイントカードをご持参ください。
◆カードをお持ちでないお客様には」会場にて発行致します。
◆きものでお越しの方にはさらに1ポイントいたします。
 
 
お問い合わせ 趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823 岡山市北区丸の内1-7-3
TEL:086-226-5298
フリーダイヤル:0120-47-5298
FAX:086-226-5297
E-mail:wabunka@sensyokukondo.co.jp
 
ページの先頭へ
  • オンラインショッピング
  • 今月の催し物
  • 今月の品々
  • リサイクルきもの
  • きものレンタル
  • きもの蔵(きものお預かりシステム)
  • KIMONO倶楽部
  • きもの勉強会
  • 着物のお手入れ
  • 会社概要

趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823
岡山市北区丸の内1-7-3
電話 (086)226-5298
FAX (086)226-5297
Freedial (0120)47-5298
店舗営業時間:9:00〜18:00
(定休日:日曜・祝日)