今月の催し物

型絵染展

日時 9月26日(火)10時〜18時
 27日(水)10時〜18時
 28日(木)10時〜18時
 
場所 染織近藤
 岡山市北区丸の内1-7-3
 086-226-5298
 0120-47-5297
 
下平清人作 (人間国宝 芹沢_介(型絵染)の指導を受けた)
型絵染展を開催いたします。

当時51歳だった重要無形文化財「型絵染」保持者(人間国宝)芹沢_介に師事。
23年間、師のもとで技と心を吸収し続け自分を作り上げてきた型絵染
下平清人の作品の数々をご覧下さい。
 
★下平先生 3日間とも来展です!

<作品>
振り袖 訪問着 小紋 名古屋帯 染め絵 タペストリー テーブルクロス

★下平清人
【美術年間評価】
195万円 型絵染 国画会員審、新人賞、野島賞、会友優作賞県展審査委員長
第三文明賞、師芹沢_介、長野・昭11 栃木県那須塩原市


【略歴】
昭和十一年  長野県飯田市に生る
昭和三十一年 人間国宝芹沢_介に師事
   ”   国画会初入選
   ”   日本民芸館展初入選
昭和三十三年 国画会新人賞受賞
昭和三十七年 日本民芸館展奨励賞受賞
昭和四十年  国画会野島賞受賞
昭和四十五年 国画会会友優作賞受賞
昭和四十七年 国画会審査員となる
昭和六十年  東京・京都にて
       二十周年個展開催
昭和六十一年 連展厚生大臣賞受賞
昭和六十二年 富士美術賞受賞
平成二年   第三文明展
       第三文明展受賞
  ”    栃木県展審査委員長
平成三年   飯田市美術博物館にて
       個展開催
現在に至る


●民芸とは
1926年「日本民芸美術館設立趣意書」の発刊により開始され、
日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、
活用する日本独自の運動、21世紀の現在でも活動が続けられている。
「民芸」とは民衆的工芸の事。
柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、芹沢_介、バーナードリーチ等によって提唱された。


●型絵染とは
型彫りから染色に至る工程のほとんどを一人でこなすゆえに個性が際立ちます。



◆お約束品 どちらかをお一つお選びください

お約束@ りんごを丸ごとパイ包みにした りんごパイ
信州よりお取り寄せ 約800円を ご予約価格500円で<お一人一箱限定>

お約束A 下平清人作 絵皿   (直径19.5cm)
下平先生の烙印あり(裏面) 約5000円を ご予約価格2000円で
 
ページの先頭へ
  • オンラインショッピング
  • 今月の催し物
  • 今月の品々
  • リサイクルきもの
  • きものレンタル
  • きもの蔵(きものお預かりシステム)
  • KIMONO倶楽部
  • きもの勉強会
  • 着物のお手入れ
  • 会社概要

趣味のきもの 染織近藤
〒700-0823
岡山市北区丸の内1-7-3
電話 (086)226-5298
FAX (086)226-5297
Freedial (0120)47-5298
店舗営業時間:9:00〜18:00
(定休日:日曜・祝日)